名大祭無料ライブ企画「僕らへの声」

日時:2012年6月9日(土)15:15〜16:15(野外)17:00〜20:00(ホール内)
場所:名古屋大学東山キャンパス 豊田講堂前野外ステージ&ホール
出演:nothingman / チーナ / the unknown forecast / サノヒトミ(viridian) / Sentimental Toy Palette /ピロカルピン
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    サノヒトミ
    0
      どーも、ずんざです。
      今日から名大祭は始まってるらしいです…しかしこの人通り…
      土曜日にはたくさんの人にお会い出来るのを楽しみにしてます☆

      不安もいっぱいですが、頑張るぞ!
      うんうん!


      さて、本日ご紹介するのは、
      『僕らへの声』のトップバッターを飾って頂く、サノヒトミさん


      http://sanohitomi.com/

      20歳の頃より路上ライブをスタートし、
      22歳の名古屋でviridianを結成し、アコギボーカル、
      ソングライティングを勤める。
      2009年2月viridian 1st mini album「サンゲンショク」でデビュー。
      東名阪を中心に積極的なライブ活動を行なう。
      2010年9月2nd mini album「シグナル」をリリースし、
      名古屋ミュージックシーンの女性ボーカリストの中で
      圧倒的な存在感を示している。
      同時期にソロ活動も活発に行なうようになり、
      viridianとは異なる、シンガーソングライターとして側面を
      強く打ち出すようになった。
      サノヒトミがギターを奏で唄う時、回りの空気感が変わる。
      沈黙さえもが音楽に変わる光景は、そのライブを体感した者だけが知る。
      (公式HPより)


      大好きなviridianの大好きなボーカルさん。
      アコギ一本と、歌。
      肩を震わせながら、それでも力強く歌ってる姿に、どこか励まされてる気がしてくる。
      大好きな大好きなボーカルさんです。
      バンドとはまた違った、温かい空気も含めて
      野外のステージでたくさんの人に見てもらいたいなぁ。

      http://t.co/LYkrI8t


      何度も言いますが、名大祭まであと3日!
      たくさんのご来場おまちしてます!!
      | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      Sentimental Toy Palette
      0
        急ピッチで更新していかないと間にあわない…!笑
        というわけで、名大祭まで、あと、4日!
        連日準備に追われつつ、天気予報から目が離せません!おだです!!


        2012年6月9日(土)
        名古屋大学学園祭無料ライブ企画「僕らへの声」

        場所:名古屋大学東山キャンパス豊田講堂前野外特設ステージ&豊田講堂内ホール

        時間:15:15〜16:15(野外) 
        17:00〜20:00(ホール内)

        出演順

        (野外)

        サノヒトミ(viridian)

        Sentimental Toy Palette(アコースティックver)



        (ホール内)

        the unknown forecast

        チーナ

        ピロカルピン

        nothingman


        ※入場無料!!!

        入場無料なので、
        チケット予約も整理券も必要ありません!
        ホール、とても広いんです!たくさん来てください!



        先週の土日はサカエスプリングというサーキットイベントでスタッフ総出でビラ配りをいたしました!
        何枚ももらった〜という方、ごめんなさい!
        もらってくれてありがとうございます!

        毎年、サカスプさんとは日程が被っていたので、今年はずれてよかったなぁ。


        そして月曜日名古屋大学にいったら、野外特設ステージができてきていました〜!
        いよいよって感じがしますね!わくわく!!


        さてさて、本日の紹介アーティストは、そんな野外特設ステージに出演いただく、
        Sentimental Toy Palette です!!!


        WEB→ http://11.xmbs.jp/sentimental/

        大阪発!唯一無二の歌声とピアノ、ベース、ドラムの4人組!!

        2008年に結成され、大阪や東京では既に話題沸騰中!!!
        名古屋でも着々と観た者を虜にしています!
        かくいうわたしもぞっこんです。
        2012年2月にはシングル「ララバイ」をリリースし、
        リリース記念自主企画は大阪、東京ともに大成功を収めたそう。
        5月に行われたアコースティックワンマンは、あっという間にソールドアウト!

        名大祭では、野外特設ステージ二番手、アコースティックverでの出演となります。




        もう、もう、もう。ライブを見るしかないです。
        心を震わせるしかないです。


        その歌声は、クセがありながらも透明で伸びやかに響き、
        それを支える演奏陣は感情の起伏と爆発をそのまま体現する。

        悲しくて、切なくて、暖かくて、強い。



        楽しみにしていてください
        6月9日、きっとあなたの心を奪うでしょう。



        「いつも少しだけ、”円”からはみ出してしまうあなたへ。」




        | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ピロカルピン
        0


          どーもこんにちは
          えぐいテストが終わってようやく名大祭に本腰を入れられるようになった、ずんざです。

          最近はスタッフさん方が本当に力になってくださって、こんな私たちでもなんとかやっていけています。
          感謝感激!!!!

          名古屋大学校内に立て看板を立てました!!!
          こんなデザインです!
          フライヤーともども、名古屋でイベントをやったししてるお兄さんがデザインしてくださってます
          感謝感激!!!!
          学外の人にも、ぜひ当日見てほしいなあ…



          2012年6月9日(土)
          名古屋大学学園祭無料ライブ企画「僕らへの声」

          場所:名古屋大学東山キャンパス豊田講堂前野外特設ステージ&豊田講堂内ホール

          時間:15:15〜16:15(野外) 
          17:00〜20:00(ホール内)

          出演

          (野外)

          サノヒトミ(viridian)

          Sentimental Toy Palette(アコースティックver)



          (ホール内)

          the unknown forecast

          チーナ

          ピロカルピン

          nothingman


          ※入場無料!!!



          先日出演順も発表しました!
          機材の都合上、外企画と中企画の転換時間が長めにとってあります!
          この時間にぜひ学祭のほかの企画もまわってみてはどうでしょうか〜

          あと1週間!たくさんのご来場おまちしています!
          友達誘ってきてね★



          さてさて、本日ご紹介するのは〜


          ピロカルピン




          web site → http://www.pirokalpin.jp/index.html


          少年のようにイノセントな輝きを放つ透明な声と、UKロックに根差した唯一無二のバンドサウンドが描き出す、ドリーミーでファンタジックな世界。日本人の心の琴線に触れるノスタルジックなメロディと、独特な言語感覚から生み出される日常とファンタジーの狭間を切り抜く歌詞は、シンプルながらも日本語の持つ強さと美しい響きを備えている。


          ピロカルピンは、松木智恵子(Vo,Gt.)、岡田慎二郎(Gt.)、スズキヒサシ(Ba)、荒内塁(Dr.)からなるギターロックバンド。2003年、松木がメンバー募集で.岡田と出会い、ピロカルピンの原型となる。その後幾度のメンバーチェンジを経て現在の編成に。


          2009年7月、タワーレコード限定『人間進化論』、HMV限定『京都』をリリース。ライバル2社から初のシングル同時リリースという形でデビューを果たす。これまでにリリースしたシングルは全てSOLD OUTとなり、2枚のアルバム『落雷』『幻聴と幻想の現象』 はロングセラーとなっている。


          2010年11-12月、『存在証明』『終焉間際のシンポジウム』のシングル2か月連続リリース。前者はオリコンインディーチャートで週間・月間とも2位となり、数量限定でリリースされた後者は即完売。初のレコ発ワンマンをプラネタリウムで開催する。


          2011年3月、最新アルバム『宇宙のみなしご』をリリース。各方面から届いた推薦コメントを掲載。初の東名阪ワンマンツアーはソールドアウトで終幕、7月3日には渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブ「幻聴シンポジウム vol.1」を開催、満員御礼に。


          圧倒的な世界観で描かれる幻想のギターロック。 日常を浄化する美しく力強い言葉の結晶と、奇をてらわない普遍的な曲の中にキラリと光る音の輝きが、リスナーの耳を捉えて放さない。

          (公式サイトより)



          今月12日にメジャーファーストアルバム蜃気楼をリリースし、メジャーデビュー!!
          優しくもどこか力強いボーカリストの存在感
          その中でキラキラ輝く楽曲が特徴的!
          ギターの岡田さんが名大卒ということで、以前よりいつか名古屋大学のこのステージに出てほしいと思ってたところ、念願かなって実現しました!!

          いやーむちゃくちゃ楽しみです!
          ホール似合う!!!!

          チーナさんからのピロカルピンさん!!
          どちらもボーカリストの存在感と楽曲の圧倒感が魅力!!!
          むちゃくちゃたのしみにしてます!!!!!(2度目)

          名大祭後には7月1日に名古屋でのワンマンも決定しています!
          見て感じて気に入った方はぜひこちらも足を運んでみてはどうでしょうか?


          アルバムのリード曲とともに名大祭まであと9日、楽しみにおまちくださいませ〜



          http://www.youtube.com/watch?v=i4d-LvXeuyo
          | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          チーナ
          0
            おだです。
            名大祭まで、段々と日にちが迫ってきています。
            6月9日、ロックの日、予定はあけておいてくださいね〜




            2012年6月9日(土)
            名古屋大学学園祭無料ライブ企画「僕らへの声」

            場所:名古屋大学東山キャンパス豊田講堂前野外特設ステージ&豊田講堂内ホール

            時間:15:15〜16:15(野外) 
            17:00〜20:00(ホール内)


            出演:nothingman / チーナ / the unknown forecast / サノヒトミ(viridian) / Sentimental Toy Palette /ピロカルピン



            ホームページ : http://mamedenkyus.jugem.jp/
            ツイッター: @voice_to_us




            出演アーティスト紹介、続きましては
            チーナ です。


            http://www.chiina.net/
            東京を中心に活動しているオーガニックポップロックバンド。

            ヴァイオリン、コントラバス、ピアノ、ギター / マイクロコルグ、サポートドラムによる、カラフルで深みのあるオーケストラルなサウンドが特徴的。
            音が溢れ出すという言葉がぴったりハマる、ダイナミックなライブに貴方も巻き込まれてほしい!!

            そしてなによりもこの世界観は唯一無二!
            抱き寄せたと思ったら突き放すように、
            甘いも辛いもあべこべで、
            大胆ながらも繊細で、
            昔の童話のような、何処か感じられる仄かな不気味さ。
            それでいてハッピーな明るさで締めくくる、
            そんな音楽です。

            蛾と蝶とたこ焼きとたこ



            何度か行われてきた自主企画「4辛」では、それぞれ東京カランコロンやのわのあとのツーマンライブを成功させてきたり、今年5月に全国公開される映画の主題歌を担当したり、、、。

            そして!7月にはいよいよ待望のニューアルバムのリリース!!
            すっごくたのしみ!
            全国、果てはカナダツアーまで決まっています!

            日本のみならず世界で活動が期待されているバンド!


            みるしかない!!!!よろしくお願いします!!!!

            織田
            | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            the unknown forecast
            0

              どうも、グループワークの課題に追われています。
              ずんざです。



              2012年6月9日(土)
              名古屋大学学園祭無料ライブ企画「僕らへの声」

              場所:名古屋大学東山キャンパス豊田講堂前野外特設ステージ&豊田講堂内ホール

              時間:15:15〜16:15(野外) 
              17:00〜20:00(ホール内)


              出演:nothingman / チーナ / the unknown forecast / サノヒトミ(viridian) / Sentimental Toy Palette /ピロカルピン



              ホームページ : http://mamedenkyus.jugem.jp/
              ツイッター: @voice_to_us



              最近は、大学で講義を受ける→グループワーク→ビラ配りの流れで生活しています。
              ひええええ。
              明日(11日)は個人的にライブハウスでやってるイベントの日にも関わらず、現在図書館で課題なう…白目
              終わらん…終わらんぞ…
              たまりにたまるポートフォーリオ…白目

              ビラ配りは神出鬼没に、さまざまなスタッフで行っています!
              手に取ってくださった方、ありがとうです!!!!
              配るよーって方や、おいてもいいですよーっていうお店の方いたら是非ずんざまでご一報を!笑
              あと、急ですが、今週日曜日(13日)には、第一回スタッフ顔合わせ会を行います。
              当日スタッフ気になるなあ〜ってぐらいの方ばっかりなので、
              気になる方はずんざまでご一報を!

              → zunzunzunza@yahoo.co.jp

              さて、今回ご紹介するのは、
              名古屋を中心に活動中の若手ロックバンド“the unknown forecast"



              HP: http://06.mbsp.jp/theunknownforecast/

              2010年4月後期にリードギターの岡村がギターボーカルの幡野を誘った事から結成。
              メンバー変更ののち8月前期に現体制での活動を開始。
              昨年度はSOL主催10代限定閃光ライオット2011ファイナリストに選ばれ、たちまち10代の人気ロックバンドへ。
              2012年3月に1stデモ「廻る」をリリースし、自主企画、ツアー共に大盛況。
              その勢いは名古屋にとどまらず、現在、関西関東でも勢力的に活動中!

              と、とにかく、今、とどまることを知らない名古屋の激アツバンド!
              時に激しく、時に優しく心揺さぶる楽曲と、V系を彷彿させる独特な歌声がとにかく魅力的!
              オーディエンスを刺して刺して刺しまくるその演奏スタイルは破壊力抜群!
              バンド名の名の通り、その衝撃は誰もが予測不能!!!!





              この映像から、彼らはもっと成長しています。
              是非、彼らの今を見に来てください!!!!!!!!!





              | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              nothingman
              0
                お久しぶりです。おだです。
                いよいよ解禁されました、

                2012年6月9日(土)
                名古屋大学学園祭無料ライブ企画「僕らへの声」
                場所:名古屋大学東山キャンパス豊田講堂前野外特設ステージ&豊田講堂内ホール
                時間:15:15〜16:15(野外) 
                   17:00〜20:00(ホール内)
                出演:nothingman / チーナ / the unknown forecast / サノヒトミ(viridian) / Sentimental Toy Palette +1band!!!



                あ!前回の記事で、野外の企画時間が15:30〜16:30となっていましたが、
                正しくは15:15〜16:15です。申し訳ございません。。。



                最近は名大祭実行委員会の方とひたすら打ち合わせをしたり、
                ビラを刷ったり、ビラを修正したり、、、

                そして、名大内やライブハウスなどでビラを配り始めました!
                見かけたら是非もらってくださるとうれしい!です!!!



                さて
                本日から出演アーティストを一組ずつ紹介していこうと思います
                一組目は、、、
                nothingman



                愛知県名古屋市を拠点に活動中の3ピースバンド。
                昨年12月に2枚目となる全国流通盤「夜をあける」をリリースし、
                クラブロックンロールでのワンマンライブを皮切りにリリースツアーで全国各地をまわり、ファイルにはクラブクアトロでのツーマンライブ!
                そして3月にはZepp名古屋でSPECIAL OTHERS 、10-FEET、THE BACK HORNのオープニングアクトを見事にやってのけました!
                これからも激アツなライブが目白押し!!

                間違いなく今名古屋で1番アツいバンド!!!


                スローモーションという曲のPVがあります。



                この企画にとっていちばん大切な曲がこの beautiful worldという曲です。
                この曲がなければこの企画は成り立ちませんってくらい!


                ふっとした日常が目に浮かぶ、共感できる歌詞。
                熱量と優しさの籠った3人の演奏。
                そのライブを見たら思わず涙がこぼれてしまう。。。


                目まぐるしく過ぎる毎日に疲れたら、帰り道にはnothingmanを。

                ダメだった今日の自分にそっと寄り添って、そしてぐいと前に押してくれる。
                力強く、やさしく、明日に向かう力をくれるのです。


                貴方にこの声、届けます。




                次回更新もお楽しみに!!

                THE豆電球ズ おだ











                | mamedenkyus | アーティスト紹介 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                一番上へ